久留米市、筑後市、八女市などの地域で、交通事故(むちうち)の治療といったら匠整骨院・匠鍼灸院

むち打ちとは!?

「むちうち」とは、正式には「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」といいます。
般には、むち打ち症(むちうち症、ムチウチ症)または、むち打ち損傷と呼ばれています。

人間の体は胴体の上にやや不安定で頭部が乗っています。車にぶつかるなどの強い衝撃により、頭部がまるで鞭を振った時のように、S字の動きを強いられることで発症します。
交通事故の他に、ラグビーや柔道などの激しいスポーツでも起こることもあります。

一言で「むち打ち」といっても、むち打ちには下記のようにいくつかの種類に分かれています。

頚椎捻挫型(けいついねんざがた)

むち打ち損傷の中でも最も多く、全体約80%を占めていると言われています。
車の衝撃などにより首が激しく揺さぶられた結果、首の筋肉や靭帯が傷つき、「捻挫」となったものです。
主な症状としては、首や肩のだるさ、重み、痛みなどがあります。

バレー・ルー症候群型(ばれー・るーしょうこうぐんがた)

衝撃によって首を損傷した際に、交感神経や椎骨動脈を痛めた事による症状です。
主な症状としては、耳鳴り、めまい、吐き気、眼精疲労、後頭部痛、疲労感などがあります。

神経根型(しんけいこんがた)

脊髄から出る根元部分である神経根が、追突などにより引き伸ばされたり、圧迫を受けて起こるものです。
主な症状としては、ダメージを受けた神経根の場所に応じて知覚障害、しびれ、麻痺、筋力の低下などがあります。

脊髄型(せきずいがた)

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。

◆むち打ちの症状をわかりやすく解説!

(1)首や肩の痛み
首を曲げたり回したりするだけで痛い。動かさなくても、ずっと重いような痛みがある。
肩や首が動かせない。普段はなんともないのに集中して作業をすると、首や肩が痛み出す。
(2)頭痛
ずっと頭が重いまたは疲れたときに頭が痛み出す。雨や曇天などの天候や気圧の変動により頭が痛む。頭の片側だけが脈拍に合わせて痛むなど、頭痛にもさまざまなパターンがありますが、むち打ちでは非常によく見られる症状です。
(3)眩暈(めまい)
立っている時や歩いている時に、地面がフワフワしたような感じで安定しない気がする。動いた瞬間にクラっと意識が遠くなる。じっとしているのに世界がグルグル回っているような気がする。
(4)耳鳴り
耳の奥で「ジー」や「ザー」などといった音がずっと鳴っているような気がする。
心臓が脈打つようなリズムで、継続的に音がする。ふとしたときに「キーン」という音が聞こえるような気がする。
(5)目が疲れる
交通事故の衝撃による後頭部へのダメージ。目の神経も後頭部に存在していますので、周囲の筋肉が硬くなったりすると目のかすみや疲れを引き起こします。
または脳内の血流の変化により、目の疲れ、かすみ目などが起こることがあります。
(6)手足がしびれる
神経根に傷がつくと、手足のだるいや手足がしびれるといった症状が起こることがあります。
手足のすべてに症状が起こるのではなく、右手だけ、左足だけといった一部だけがしびれたり、動かしにくくなることもあります。
(7)顔が痛い、顔が動かしにくい
頸椎の神経が圧迫されたり、脳の血行が悪くなったりした時に起こる症状です。
顔面に痛みがある以外に、顔にベールが被さっているような気がする。話したり笑ったりと顔を動かす際に違和感がある。
(8)食欲不振・消化不良
お腹が空いているはずなのに食欲が出ない。胃のあたりがムカムカする、食べた後に胃がもたれる、吐き気がするなどの胃腸の障害が、むち打ちで起こることもあるのです。
(9)頻尿・便秘
むち打ちのなかでも、脊髄型は内臓に障害が出てくることもあります。
さっきトイレに行ったはずなのに、すぐに行きたくなる頻尿。ちょっとしたことで尿が漏れてしまう尿失禁。悪いものを食べたわけでもないのに下痢をしてしまう。便秘で何日も排便がないなど泌尿器や大腸の障害も起こることがあります。
(10)記憶力の低下
脳底動脈や脳幹部の血行が、悪くなることで起きる症状です。
また注意力が散漫になったり、集中しようとしてもできなくなることもあります。
(11)声を出しにくい
事故の衝撃で、脳底を走っている動脈の血行が悪くなることによって起きる症状です。
声がかすれたり、声を出すときに違和感を感じることがあります。

◆症状が良くなっても安心しないこと!

むち打ちは目に見えないからこそ、完全に良くなったかどうかの診断が難しいとも言えます。
治療を受けているうちに、一時的に体のバランスが良くなって、症状が和らぐことがあります。
でも、ちょっとしたショックや天候の影響で悪化したりすることもあります。筋肉や靱帯、神経の損傷は一進一退で、薄皮を剥ぐように治っていくものなのです。
むち打ちの治療を受ける際には、「だいぶ良くなったから、もう通院しなくていい」というような油断は禁物です。

よくある交通事故のケース

  • 病院では異常なしなのに・・・
  • 治療費や慰謝料はどうなるの?
  • この痛みを誰もわかってくれない!?
  • 自損事故での治療も無料?
  • 事故直後に痛みはなかったのに!?
  • 1日も早く治したい!

交通事故について

  • 知っておこう!交通事故での手順!
  • むちうちとは!?

匠整骨院・匠鍼灸院について

リンク